保険適用の条件を勉強して賢く雨漏り修理をしましょう

雨漏り修理で火災保険が適用される条件

家を雨から守る

火災保険は火事だけでなく、雨漏り修理にも適用される場合があることを知っていますか?必ずしも適用されるわけではないので、適用条件を把握しておきましょう。

火災保険の適用条件

強風による被害であること
強風はしっかり定義化されていて、平均風速が10m/s以上の風が強風とされています。しかし、台風で一夜にして雨漏りした場合でなければ、症状が出て雨漏りに気がついたときには、いつ被害にあったのかわからない方も多いでしょう。その場合は、見積もりや修理の時にその旨を相談してみましょう。
被害が3年以内のものであること
強風被害の場合でも、火災保険の適用には期限があります。被害にあった日から、3年以内の申請が必要なので、気をつけて下さい。もし、期間を過ぎてしまうと無効になります。ですから、雨漏りに気がついた場合は、即相談して申請を行なった方が良いでしょう。
雨漏り修理の費用が20万以上であること
加入している火災保険の補償内容にもよりますが、雨漏り修理の場合、全体の修理費用が20万以上かかった場合、保険が適用されます。とは言え、屋根の雨漏りを修理する際、20万円未満という見積もりはほとんどありません。ですから、多くの方がこの条件はクリア出来るはずです。

火災保険を利用して修理する時の業者選び

雨漏り修理を業者に依頼する場合、会社の規模や知名度で選ぶのではなく、安心して工事を任せられる業者かという事が重要になってきます。火災保険を利用して修理を行なう場合、業者によっては電話で断られるところもあります。また、火災保険を不正に利用し、無料の修理を行なっている悪質な業者もいることを忘れないでおきましょう。丁寧に現場調査を行ない、こちらの疑問や相談にも、親切に対応してくれるような信頼出来る業者を選ぶことが大切です。

TOPボタン